審査の甘いクレジットカードはない >> クレジットカードの申込審査が怖いからといって嘘を書いていいわけがない

[ranking only=”sp”]

クレジットカードの申込審査が怖いからといって嘘を書いていいわけがない

クレジットカードの申し込みは嘘偽り無く行ないましょう。鉄則です。金融関連のサービスは、特にその人を詳しく審査しますので適当な記入を行うと、その時点でカード会社から信用を失います。信用を失うと審査にも影響する事になり、結果的にクレジットカード取得が遠のきます。

そもそもクレジットカードを発行するカード会社は、審査の際、個人信用機関のデータを参照します。個人信用機関のデータを参照されると、個人の嘘は簡単にバレます。自分から悪い方向へ向かうのは避けるべきです。

クレジットカードの申し込みで無理をしてはいけません。必ずしもグレードの高いカードが必要とは限らないはずです。身の丈に合ったカードを取得して利用しても問題ないです。ですから今現在、取得しやすいクレジットカードを見つけて申し込みましょう。

クレジットカードには金利、特典、利便性、ステイタスなどの差はあります。しかし、申し込みや審査で嘘をついてまで必要なクレジットカードは多くありません。また、仮に嘘をついて審査に通ったとして、後でカード会社にバレると延々心配していては、楽しくショッピング出来ないでしょう。次の申し込みにも影響する恐れを考慮すると、その場の嘘で切り抜けるのは、リスクの高い行為とご理解いただけるはずです。

要約すると審査を嘘で切り抜けるのではなく、今現在取得できそうなカードを見つけ、申し込みすべきです。審査に通れば問題なし、落とされたら数ヶ月時間をおいて再度、通りやすいカードに申しこめば良いだけです。正攻法が一番近道と覚えておきましょう。

[ranking only=”pc”]

メニュー

リンク集