審査の甘いクレジットカードはない >> 自営業はクレジットカードの審査でバイトより厳しいケースもあります

[ranking only=”sp”]

自営業はクレジットカードの審査でバイトより厳しいケースもあります

自営業の人がクレジットカードを申し込むと、審査が落とされやすいです。その原因は、小規模経営者なら経営が不安定と思われて、審査が通りにくくなるからです。そしてバイトと比較するとバイトは勤め先が潰れても本人は債務を背負う状態になりません。しかし自営業は経営している商売の債務を背負うことになるから、カード会社的に自営業の方が返済のリスクが高いです。

しかし、経営年数が長くてそれなりに収入が安定していると認定されたら審査は通ります。また流通系などの審査がゆるいところは比較的通りやすいです。そしてクレジットカードが作れて、その後返済が遅れるなどの信用情報に傷が付かなければ、実績として認められて審査の厳しい所も通りやすくなります。

ただフリーランスの方々は実績が長くても収入がそこそこ有っても審査が通りません。業種的にいつ仕事が止まるか分からない不安定さが有りますから。だからそういう人達はカードをあきらめた方がいいでしょう。

自営業でクレジットカードを作ろうと考えたらまず業種が世間的に安定している業種と思われているか考えてみることです。自分自身はこれでやってきていると安心しても世間的には不安定なら、通らないと考えるべきで、そしてカード会社の資料でどの業種の自営業が返済不能になったかの記録が有って、どの業種がリスクが高いか分かります。そしてそれを基準に審査をされれば、自分自身は大丈夫だと思っていてもカード会社の判断で落とされます。

[ranking only=”pc”]

メニュー

リンク集