審査の甘いクレジットカードはない >> クレジットカードの審査内容は多種多様!勤め先の会社の規模も対象になります

[ranking only=”sp”]

クレジットカードの審査内容は多種多様!勤め先の会社の規模も対象になります

クレジットカードの審査内容は、利用履歴、勤め先の有無、収入の安定度、不動産の有無などがメインです。

勤め先は規模の大きさも審査の対象となります。会社の規模が大きく、事業が安定しており、急に業績が悪くなる恐れがなければ、審査ではプラスに働きます。

この理屈は普通に考えるとわかる事です。審査に通してもクレジットカードによる収益が安定確保できるためです。申込者には本人の信用だけではなく、会社の信用も持ちあわせています。勤め先が倒産する事はほぼなく、給料は一定の額を安定的に確保できるわけですから、金融事故は滅多に起きません。

つまり、クレジットカード会社が安心して融資出来る顧客と判断し、審査に通る事になります。

ですから利用履歴に多少傷があっても、会社による信用を持ちあわせておられる人なら、審査の厳しいクレジットカードでも取得出来ます。確実とは言えませんが、それだけ勤め先とは重要な要素と言えるのです。申込者の給料を支払う会社とイメージすればわかりやすいでしょう。

逆から考えると勤め先が無い人は、その時点でクレジットカードの取得が難しいと言えます。クレジットカードはショッピング枠を使いお買い物をするためのカードです。後で支払いを行わなければいけないため、収入がない人は、いつか金融事故が起こるのではないかと、カード会社が判断します。つまり、勤め先による信用が乏しい場合、より利用履歴が重要です。判断材料が少なければ、利用履歴がクリーンにしておかなければいけません。

[ranking only=”pc”]

メニュー

リンク集